Monthly Archives: 5月 2013

虚構の城

虚構の城に 近づいてはいけない

全てはそこにあるようで 実はそこには「何も無い」

高次元から見た時  そこに「光」はなく
食べ物があるようで  「光の食べものはない」
金銭があるようにみえて 「本当の豊かさ」は そこにない

虚構の城に群がって 生きているのか死んでいのか自覚が無い者たちに
停滞している者たちに 

近寄っても 無意味であることを あなたは悟る

虚構の城には 「あるようで 何も無い」

平和なようで 平和でない
虚構と虚構のおりなす曼荼羅は いかな模様かを 

しかと確認してみるがよい。

==
message from sivha sity

Posted in 徒然なるままに | 1 Comment

DIVE 5月26日 基本軸の修正

DIVE は 
全体を私達が構成しているという観点から 私達の共時性をキーとして
潜在意識および集合意識にDIVINGしていく グループワークです。

目的:普段自分が無い事にしてしまっている心の奥に押し込めてしまったエネルギーを集合意識レベルで 浮上させ 光に戻していくことを目的とします。
集合意識は直接的に社会に反映します。浄化を行うとき 自分の見たくない側面を内観する という作業が入りますので もしかしたら ある面楽しくない?かもしれませんが 大きな意味では 先々楽になる キーポイントがうまっています。

太古の昔 超古代文明の時代には 非常に調和した家族構成 社会構成がある中
宇宙への叡智もあり 大地の基本 地 風 光 水 火 を無駄なく理解し
応用し 生活を楽しんでいました。

太古の昔 超古代文明の時代ソーシャルネットワークが無くても 
人々は 人との繋がりを信頼し テレパシー能力もあり
安心し 豊かな生活を送っていました。

~超古代のよき時代の人々の家族の価値観~ 
例えば、日本や海外の 歴史の中にみられるような「家」を守る為の結婚
ということでもなく
構成としては 色々なパターンがありますが、
男性に複数の妻がいても そして 女性に複数の男性がいても
男性と女性が1対1であっても 
意識のぶれがなく 
互いの意識に はぐらかしのない
調和を保っていた時代がありました。

その「意識のぶれのない調和」は 今回のワークの大きなテーマになります。 

例えば「義理」という表現があります。恩を返すのは良いことですが
本当にそこに私達の意識が「集中」しておらず 
純粋でない行為を続けてしまった場合

そこには 純粋な「愛」の表現は 残念ながらありません。

もし 家庭内で 純粋な「愛」を表現していなければ
あなたは 「今 ここ」にいない(集中していない)ことになってしまいます。

====共同体は社会反映の軸====
そして家族は社会を照らす軸。 恋人同士であっても 軸
ご両親とお住まいであっても 共同体は社会反映の軸です。

私達の表層意識の中にある 自分へのはぐらかしの意識を解体し
シンプルな表現への変化を まず身近な 「家族」に対しての意識のぶれなどにフォーカスし 浄化し 解体と変容の一助とするワークになります。

セクシャリティの開放ワークが流行っていますが、あなたが「今ここにいないまま」本当に開放できるでしょうか?
表面をなぞっても「愛の光」は広がりを見せません。

セクシャリティの開放に取り組む前に 基本軸のはぐらかしを修正 
チューニングしてみませんか?

火のエネルギーを使い ひょうたんで土のエネルギーを振動させ
ご自身の内面を抵抗無く見やすいよう また家族の問題に関連するさかのぼる問題点などを発見する為にゲームを取り入れながら 取り組んでいきます。

また 今回は現代人に圧倒的に不足している「火」の浄化と「火」のエネルギーを
体感していただけるよう ブルーベリーガーデン旭さんにご協力をいただくことができました。
==============================

DIVE in ブルーベリーガーデン旭
5月26日 13時スタート~15:30頃まで
(終了しました。ありがとうございました☆)

ブルーベリーガーデン旭さんの場所は下記になります。
http://www.kudamononavi.com/picking/akira.htm

終了しました☆ 次回のご案内などご希望の方は下記
コンタクトフォームにてご連絡をお願い致します。
http://www.aquaearth.com/contact/

Posted in ●DIVE● | 2 Comments

思考と行動を純化すること

新しい地球への次元上昇をを希望し
自由に多次元に行き来したい方は

思考と行動(言動)を一致させていく必要があります。

例えば 素敵なカバンを買って  
自分が楽しみたい方もいればその服を着ている姿を だれかに見せたい という方もいます。

この場合 理由はどちらでも良く、良い悪いはありません。

思考で自覚していることがポイントになります。

思考が「私は私のためにカバンを買いたい」と 言っていながら
行動が 「カバンを人にみせる」ことを 優先されていた場合

思考の時点でごまかしが入ってしまいます。
すると 今ここにいる というところから 離れてしまいます。

この場合 思考の段階で自分の感情や考えに自覚があるかどうかがポイントになります。
「私は自分も楽しみたいし 人にも素敵なカバンを見せてよろこんでもらいたい」

と 最初から自覚があれば 「今ここ」 からずれないことになります。

一見 アセンションと 関係なさそうなことですが 関係がないようでとても関係があります。

私達が行っている行動が 何を軸に行動しているかを自覚することで
扉が開いていきます。

「寂しさゆえ」が 元である場合など ほとんど 思考でうそをついて行動の元となった思考を
隠している場合がおうおうにしてあります。その場合 隠す ということで自覚しないことになるので
 それを光に返し 思考と行動を純化することは大きなキーポイントです。

たとえば FaceBookで 彼氏への手作り料理を パシャっと写真をとり
こんなのつくりました とつぶやいた時、 「何を求めて つぶやいているのか」を自覚し純化することです。

理由はなんでもよく 理由にいい悪いはありません。
自覚しているかどうかがキーです。
それは イイネをつけてほしいから かもしれませんし 自慢をしたかったのかもしれませんし
人によって理由がさまざまです。

上記のFaceBookの場合、人にその写真を見て欲しいのはなぜか?を 
自分でしっかり分析し 自覚していくことで 思考と行動を統一し 純化していくことが可能です。

Posted in 徒然なるままに | Leave a comment

シンプルに

シンプルに

生きることができたら 

あなたは 元気でいつづけられる。

なぜなら リアリティはいたってシンプルであるから。

あなたは リアリティを捨てて 複雑な妄想の中に入る?

それとも ただ シンプルに大地に立つ?

Posted in 徒然なるままに | Leave a comment

屈折?

私屈折してるんです。 とAさん。

大丈夫! 私も(笑)屈折してますから(笑)

人間なんて 屈折してて なんぼだよ。

おおいに 屈折をみとめよう☆

ちなみに スピリチャルな側面からみても(笑)
私達は屈折しています。
愛の源泉の 分光として屈折率の差によって 個性が出ているから!

Posted in 徒然なるままに | Leave a comment

孤独になりたければ

孤独になりたければ

思う存分 孤独を感じればいい。

へんな意味ではなくて

孤独でいてみるのも それはそれで楽しいこと。

とりつくろって 孤独でないふりをする必要はない。

仲間?がいなくてもいいし 調和する必要なんて!

無理する必要はない。

あなたは まず あなたのままで。

私は 私のままで。

木々のように 
まずは そこに 一人で立とう。

Posted in 徒然なるままに | Leave a comment

本当に友達?

ソーシャルネットワークが流行っていることもあり
ネットワーク作りにいそしむ方も多いかもしれません。

でも 本当は 本音でお話できる お友達が数人いれば 十分ではないでしょうか?

ビジネス目的で知り合いを増やしたい人はまあ 別として。

薄っぺらく 知り合いを増やし
友達だか ただの知り合いだかも わからないまま
数を増やしても 
自分の本質を見つめる 時間が削られるようでは
かえって時間の無駄?

これは私の意見ですので 違う思いの方は 
それはそれで☆OKです。 

すべては 自分の構成する世界。

Posted in 徒然なるままに | Leave a comment