中屋敷土偶と縄文末期の人々


縄文時代は、今から約1万6,500年前(紀元前145世紀) から約3,000年前(紀元前10世紀)が絶世期といわれています。
しかし実際は2万5000年から3万5千年ほど幅が広いのではないかと私は感じています。

今年にDIVEという集合ワークを行わせていただきましたブルーベリーガーデンの小宮さんから遮光器土偶のレプリカをお預かりし 古代の彩色の再現を試みました。もちろん天然彩色です。

写真:遮光器土偶レプリカ 縄文時代(晩期) 前1000-前400年といわれています。


写真:縄文マイカップ

この古代彩色の再現と同時に遊び心で 縄模様をつけた縄文マイカップも作ってみました。

現在「関東」といえば栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・東京・神奈川の一都六県、昔で言う「関八州」の地域ですが実際人々の文化や移住の動きを踏まえると、古代縄文人の住む時代から長野県と山梨県は 神奈川や東京と連動しています。

以前に縄文の風景に惹かれ 諏訪富士見町にある井戸尻遺跡(いどじりいせき)を訪ねたことがあります。

縄文時代中期を中心とする集落遺跡です。2000年前と同じ古代蓮をみることができる懐かしい場所です。この長野から相模原~横須賀~小田原~静岡あたりまで同じ意識や文化をもつ縄文人達がコミュニケーションをとっていました。

縄文人は水と森がある場所で里山に住むような形で自然なコミュニティを形成しています。

旧地球人の流れをくむ縄文人。 5次元に行き来できる寿命の長かった高次元意識の時代から、二極の分離・力の喪失感・老いや死という意識の中に下降する地球の苦い成長の歴史を体験した勇気ある人々です。

写真:中屋敷土偶

小宮さん宅の中屋敷土偶は紀元前5世紀(約2400年前頃)の縄文後期の土偶だそうです。この土偶はとても特徴的で 土偶形容器内に幼児の骨粉 ・歯が収納されていました。この土偶は幼くして亡くなったわが子の弔いの意識の強さを象徴していると思われます。

写真:中屋敷土偶 土偶内の幼児の骨粉と歯

5次元に行き来可能な高次元意識の時代(1万5000年以上前)には 骨を保管するという風習はありませんでした。もちろん骨壷のような習慣もありません。物質要素は元素として早く自然界へ返すのが高次意識時代の習慣です。

「中屋敷土偶」の特徴を拝見させていただくと旧地球人の歩みと地球の歩み、二極の分離や老いや死に押されてしまった意識を体験している時代を感じさせます。
人々が愛の源泉から遠く離れてしまった感覚、愛の源泉の感覚を忘れてしまい思い出すのが困難になりつつある状況・しのびよる孤独感・死とは何か・そして絶望感を別の感覚に昇華したい気持ちが縄文末期の人々から伝わってきます。その死のつらさを紛らわせ、わが子の再生や転生を宇宙に祈るような「中屋敷土偶」を創った縄文末期の人々の思いに心を打たれます。

愛の源泉 について

皆さまの生活の中でHappyが増えるコツ、銀河宇宙からのアドバイスや自然界との共生による平和作り、恋愛のコツなどなど銀河宇宙の愛の源泉の情報をご提供しています。地球上のすべての生き物を尊重し、徳を積み愛に生きれば人は老いません(高次元食事案内)アカシックレコード、ポースロゴス図書館からの情報も。
カテゴリー: ●DIVE●, 徒然なるままに パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください