おせんべいにまで添加物


ここ最近、スーパーやコンビニでおせんべいの原材料表示を見ると、昔は「米」「しょうゆ」「砂糖」程度の記載しかなかったのが、行数も数行増えて、なにやら添加物だらけの成分表示に変わってしまいましいた。

これはいったいどういうわけでしょう?

だれかのせいでしょうか?世界○。。何とか とか?誰かがそれを仕掛けましたか?これは誰かが仕掛けたことではなく、私達の業が深いことに起因しています。
==

これは 私達の潜在意識の同意の元に起こっている現象です。
「自分だけが良い思いを出来ればよい」という集合意識のつけが 自分たちにも降り注いでくる 回ってくるという因果応報で起こっている現象です。

つまり原因の出元は 私達の自己都合を優先する「心」です。

自分さえ 痛い思いをしなければよい 自分さえ美味しいものを食べれればよい その場をしのげればよい というような業が作り出した結果の1つです。

都市構造の中で 必要以上に畜産動物が痛みを軽減もされず 命を尊重もされずに屠殺されても、口に入るときに美味しければそれでいいという妥協や、パーティ会場でその肉が大量に破棄されたり、デバチカやスーパーのお惣菜が毎日大量に捨てられてしまうのを容認し続ける私達の業が巡り巡って飲料やおせんべいまで「利益優先」を容認している結果です。

最近、月の輪クマが 本来は人間を食べないはずの月の輪クマが、人間を食物として認識しだした、とのニュースが流れましたが、人間が必要な分だけ食物を取る ことをやめ 必要以上に乱獲し破棄するということを続け、さらに自己都合で鹿が増えた、イノシシが増えた、熊が人を襲ったと 猟銃で打って自然の生命体を殺めるということを続けていけば、当然のごとく自然節理で地球バランスの調節が行われるようになってきます。
生ごみはごみではないです。みなさん土に戻していますか?自然のサイクルや現在の世の中の動きをよく観察すれば、めんどくさいとか言っている場合ではないのです。また焼肉たべて あー美味しかったで済ませるのではなく、そのおいしさの背景に極度な犠牲がないか、おもいめぐらしてみましょう。

業の認識と自覚がなければ、平和はお面をかぶったような薄っぺらい仮の平和のままです。虐げられるもの(動物 人も)を見てみぬふりをするということが結果的にどういったことを招くのか、考えてみることは大切です。

本来の人間の食事とはどんなものでしょうか?
高次元食事案内 

愛の源泉 について

本来の人間の食事方法について 人生でHappyを感じるコツ。恋愛や結婚について。銀河宇宙の愛の源泉の情報をご提供しています。地球上のすべての生き物を尊重し、徳を積み愛に生きれば人は老いません(高次元食事案内)本来地球に伝わる古来からの学びをご提供しています。入門には真摯な心構えが必要です。アカシックレコード、ポースロゴス図書館からの情報も。
カテゴリー: 食事案内Q&A パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください