日本の結婚制度


日本の結婚制度は 「愛」よりも「家」を維持し守り存続していくことが優先されています。
結婚したら、女性はうちの「家内」うちの「嫁」(家に女の漢字)と呼ばれることも如実に「家」を守る為の制度であることを表しています。

日本の「嫁」は 大変「仕事」としての「嫁」の要素が高い立場となります。

本来、高次元の愛、男女の尊重から言えば、「家」を守るということが最優先されるわけでもありません。
人間と人間の尊重。そこに男女の愛が重ねられたものが 今の地球上での結婚と呼ばれる系統の本質的な「愛」になります。

また 地球上の生命体として 生物としての「愛の交換」というものは「セクシャリティ」の要素を含みます。
「セクシャリティ」を毛嫌いする方もいますが、地球の生命体としてのセクシャリティは 地球生命の特徴でもあり、それはそれで「美しく」他の星にはない「ユニークな行為」であったりもします。

ふたみたまで2人三脚で地球での一生を終える夫婦というのもありますが、魂の成長の度合いに応じ、パートナーが変更になる場合もあります。ですから 結婚とは「かくあるべき」とか「こうでなければならない」と 思う必要はない。と言えます。

最も大切なことは「互いに尊重ができること」です。互いに互いを大切にできること。それが最も肝要です。

例えば、男性に正妻がおり、立場がセカンド(妾)などであっても 尊重がスムーズに行われていて、正妻との間にトラブルがなければ、罵倒し合っている正式な夫婦よりも、波動や次元は高くなります。

「互いに尊重ができること」それが 唯一の 本質的な「愛」です。

愛の源泉 について

皆さまの生活の中でHappyが増えるコツ、銀河宇宙からのアドバイスや自然界との共生による平和作り、恋愛のコツなどなど銀河宇宙の愛の源泉の情報をご提供しています。地球上のすべての生き物を尊重し、徳を積み愛に生きれば人は老いません(高次元食事案内)アカシックレコード、ポースロゴス図書館からの情報も。
カテゴリー: 高次元恋愛講座 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください