日別アーカイブ: 2018 4月 5

新しい地球 Q&A

新しい地球について
Q.将来人工知能に職を奪われて、生活できなくなったらどうしたらよいですか?
A.質問いただいた「人工知能に職を奪われる」地球というのは 同じ地球でも低次元階層の地球のことです。もちろん技術はこれからも飛躍的に進歩していきますし、消える職業もあるでしょう。しかし、皆さんはご自身の魂の本質を見つめ自分がどこに住みたいかどの次元に住むかを決めなければなりません。「人工知能に職を奪われる」という恐怖は、低次元階層の金融を中心とした、依然スーパーマーケットで金と物を交換し、非効率な低次元都市に住み続けることを選択した場合に垣間見える未来であり、新しい地球の高次元領域の中にそんな、冗談みたいな恐れはありません。その恐れを持つこと自体が、がっつりと低次アストラル階層につかまっている証拠となります。このような質問が出ること自体、非常に低次元からアプローチされた「テクノフォビア(技術恐怖症)」にまんまと引っかかっているというわけです。低次元のエネルギー搾取者はいつもメディアから恐怖を煽ります。恐怖のエネルギーは彼らの活力になります。低次元からの抜け出し方をご説明していますが、実行の伴わない方は、Sheep,として低次元の歯車に乗っかったまま出られません。自己責任です。

Q.新しい地球は今と同じような学歴社会ですか?
A.いいえ 違います。学習機関はある程度残るかとは思いますが、現在の学歴社会は、あと40年もすれば、かなり変化が出てきます。12歳位の子供であっても、「宇宙的にみて優秀な中身(良い経験値を持つ大人の魂)」であれば、未来のンピューター技術を使い「現在の大学、大学院」並みの論文が書けるようになります。つまり年齢でも 学歴でも資格でもなくその方の中身や本質(魂のレベル)が近い未来、すぐに表面化できるようになります。年功序列や学歴、資格はほとんど意味を持たなくなり中身がすぐ露呈します。ごまかすことのできない、中身本位の社会です。
●ピュアであること
●誠実で楽しく がキーワードです。

新しい地球へ入っていくための アファメーションをご紹介します。

「私は 愛の源泉から生まれた存在です。 私はすでに全てに満ち足りており ピュアで高次元な現実を楽しんでいます。」

 

カテゴリー: ●新しい地球● | 3件のコメント

新しい地球 現実を直視する力

新しい地球に入っていく方法についてここ最近お伝えしています。

新しい地球というのは 当然ながら「生きとし生けるもの全て」そして「地球環境を大切にする」ということが前提になります。

わたしやってるもん。環境を大切にしているもん。という方もおられると思いますが
本当に 新しい地球に入るには 「現実を直視する 精神力」が 必要になります。

例えば、環境のことを考えて ゴミの分別はしっかりしておられても、ヘアカラーは化学染料のものでガッチリ染めておられる方。
現実を直視する意思を強くしていきましょう。化学ヘアカラーは通常、猛毒「パラフェニレンジアミン」「ジアミン」が入っています。

市販の化学染料のヘアカラーは 「呼吸困難・失明・白内障・造血障害」などの副作用の可能性のある劇薬です。美容院、ヘアサロンで言われるままに勧められたカラーをすると大概劇薬カラーです。

ヘアカラーの有毒物質のごみ処分についても目をつぶっていては、新しい地球に入っていくことができません。

人間の出した環境公害は、巡りめぐって私たちの大気や土に帰ってきます。タバコと同じで、ヘアカラーで劇薬をつかっていない人にまで、貴女のヘアカラーの習慣は巡り巡って、環境被害を与えている可能性があるということです。また頭皮からの経皮毒の吸収で「感」も鈍ります。

野生の「感」が鈍ると都市構造から中々抜け出せないのです。

では 天然のものは何があるかというと 「天然ヘナ」。最近はブラックヘナという名前だけヘナで中身は実は猛毒「パラフェニレンジアミン」「ジアミン」入りのものもあるので注意が必要です。

他、利尻ヘアカラートリートメント。こちらは 化学系染料を入れていますが、劇薬ではなく、環境へのダメージが一般的なヘアカラーよりも少ないです。

一番良いのは、高次元食をしっかり学んで、酵素ジュースも毎日飲んで 時間がかかっても 本当の修復を試みることです。

白髪が多すぎてどうしても染めたいという方で、では何を選んだら良いの?という方用に
下記に楽天で買える 比較的安全なヘアカラーをご紹介しておきます。一般のヘアカラーのようにすぐには染まりませんが繰り返し地道に自宅のお風呂場で試されるとよいと思います。化学系染料の環境汚染で自分が鬱っぽいなんてこともありえますから、直視しましょう。そうは言ってもと言い訳している自分を許すのは止めて高次元に入る努力をしていきましょう。

 

 

カテゴリー: ●新しい地球●, ●高次元食事案内● | コメントする