高次元食事の基礎となった食事


皆さんこんにちは

AquaEarthでは高次元食事案内 という講座を 古代の叡智の伝承として行っています。

高次元食事案内の基礎となる情報は 地中海 カタリナのミコスという地球の高次元存在です。
本来の人間の良い特性を最大限に発揮できる食事について、伝授されました。

これは非常にスピリチュアルなことです。

そして、それを皆様に伝承するにあたり、指導者は最大でも数世代菜食が続いている家系である必要があります。

私の家は 日本家庭でしたが、幸いにも 母は菜食、豚肉は血が汚れるものとして禁止された家に育ちました。祖母の世代も肉は食べていません。

小学校の遠足でバーベキューをしますといわれ、持ち物に豚肉を指定され、大変こまった思い出があります。
しかし、小学生であっても学校の先生に 私はきちんと説明し、もっていく食材を変えてもらいました。

よく 避けるということを「残す」と勘違いされる方がいますが、大きく違います。「残す」の場合、あなたは殺生に加担します。
信念をもって、先に殺生が起こらないように手配采配する信念が必要です。

信念があいまいな方は心を正して頂ければと思います。
あなたが、行いを正したか 正さなかったかは 皆さんの自由意志に任されるわけですが
カルマというのは 空気の循環のように 宇宙にあるエネルギーの動きとして 大きくそこに存在するものです。

故に どちらを選んだにせよ あなたは将来 行動の「結果」を受け取ります。

殺生を避けられる家に生まれることは 精神的な指導者になるにあたり必要なことです。
なんで、唐揚げ食べないの?みたいな家に生まれていたら、皆さんを正しくご指導することができません。

行いの不徳は明らかに皆さんの人生に帰ってきます。それが今回の人生でなくとも次回別の形で生まれた時でも、です。

インドでは 菜食の家庭も、血筋があきらかで調べのつく状態で菜食が1000年以上続いている家がたくさんあります。
100年ではなく1000年です。カーストでも上位3つのカーストは特に厳格なベジタリアンです。インド政府の関連のパーティなどに参加すれば、わかりますが、一切肉は含まれない厳格なベジタリアン食でもてなします。

同じ地球の上の現在のことです。

タンドリーチキンは?インドではないの?と以前にクライアントさんにたずねられたことがありますが、インドで肉を食する人は主に、イスラム系の人々です。本来のインド系の人ではなく。

私の家は普通に肉食を勧める家でした、という方も今からでも遅くありませんので、食を通して行いの不徳を積まないよう光と平和を地球に放っていきましょう。

高次元食事案内について

愛の源泉 について

皆さまの生活の中でHappyが増えるコツ、銀河宇宙からのアドバイスや自然界との共生による平和作り、恋愛のコツなどなど銀河宇宙の愛の源泉の情報をご提供しています。地球上のすべての生き物を尊重し、徳を積み愛に生きれば人は老いません(高次元食事案内)アカシックレコード、ポースロゴス図書館からの情報も。
カテゴリー: ●高次元食事案内● パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください