●ポエム(channelings)●」カテゴリーアーカイブ

宇宙根源/宇宙存在/地球内外のエネルギーから得たヒラメキ。インスピレーションを地球言語(日本語)に翻訳したものです。
ポエムです。地球の自然界の存在。宇宙根源の愛という銀河系内最上層の繋がりを維持し文にまとめております。

常に著作権は AquaEarth 愛の源泉領域より (Yuka Nakagawa) に帰属します。
無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用を禁止します。記事の要約 利用も、著作権者の許諾が必要です。
メッセージを他の人に伝えたいという方は本ページURLをお伝えいただくか、連絡フォームよりご連絡下さい。

火の供養のポエム

あなたが到達する先への

一つの段階として

あなた方が火の清めを自発的に受けられたことは尊敬に値する行為です。

あなた方が 火の焼き尽くす痛みに耐え

浄化の1つの大いなるステップを終えられたことは

皆さんが 高次元に上がっていく為の 勇気ある 尊い行いとして記録されています。

あなた方の魂の光が 以前より輝いていることを

今ここに お見せしましょう。

大いなるものと繋がるあなた方の魂は

愛の源泉と繋がるあなた方の魂は不変です。

私がここに 約束を致しましょう。

あなた方は かならず、良い方向に向かうのだということを

どうか悲しみに打ちひしがれずに 前を向きましょう。

あなた方の受けられた痛みが光に変化する様を

今ここにお見せ致します。

いっしょに受け取りましょう。みなさんの 魂の愛の源泉の光の それはそれは神々しい様を よく見つめるのです。

そして 打ちひしがれてここにとどまるものはいなくなります。

みなさんのいる次元は変化します。

Agniは7つの舌、3つの足、2つの顔、7つの手を持っています。 基本の7つの光線はAgniの体から放射され、浄化の炎がAgniの口から放射されます。果物の花輪を持っています。

カテゴリー: ●ポエム(channelings)● | コメントする

アカーシャ

 Akasha आकाश

アカーシャ は 枯渇することのない満ちている空間を意味します。

カテゴリー: 神々&神話など | コメントする

Agni Gayatri Mantra 18 Repetitions

明るいリズムの アグニマントラです。7月にこのマントラを使っていきます。

カテゴリー: 神々&神話など | コメントする

愛とはそもそもが 私たちの内側にあるもの

過去を懺悔して何かを救いたい気持ちが出たとき

その時、まず あなたが行うべきことは

「外」ではなく「内」を見ること。

鬼は外 福は内 というでしょう?

貴方の意識が 「外」へ 「外」と行くと

もともと貴方の中に 備わっている「愛の源泉」から意識が遠ざかる。

自分が外への働きかけとして 何かを救おうとするかぎり

愛の本質に対して盲目となる。

愛とはそもそもが 私たちの内側にあるものだからである。

 

カテゴリー: 徒然なるままに, 愛の源泉 | コメントする

Full Agni Mantra

Agni Mantra

カテゴリー: 神々&神話など | コメントする

Agni Dev Mantra

火の神 アグニのマントラです。

カテゴリー: 神々&神話など | コメントする

アワ歌

アワ歌は 調和平和を創ることのできる大変素晴らしい日本の古代の叡智です。

アカハナマー イキヒニミウクー
フヌムエケー ヘネメオコホノー
モトソロヨー ヲテレセエツルー
スユンチリー シヰタラサヤワー

家族の為、平和の為に 歌ってみましょう☆

カテゴリー: 徒然なるままに, 神々&神話など | コメントする

有機コンピューターシステム

以前に ミコスのチャネリングで 有機コンピューターシステムについて

明窓出版から出た「窓」にエッセイとして載せさせていただいたことがあります。

人間のもつ有機コンピュータシステム、植物のもつ有機コンピューターシステムを考えると、現在巷にある、コンピューターは我々の親戚ともいえる存在で、これから共にいい意味で進化していく、仲間といえると思います。
自分を振り返っても、私の行動や人生の選択は 非常に「遺伝子情報」「遺伝子の記憶」をデータとし、CPUは「記憶を含む脳神経細胞の集積体系」メモリは「一時記憶としての意識」として 有機コンピューターシステムを駆使し活動しています。
将来人間は いい意味でコンピューターとの連携をとり、効率よく、魂を向上していくために進化し続けると思います。機械にのまれると恐れずに、適度に楽しくコンピューターとお付き合いしていくことが有効です。

カテゴリー: ●ポエム(channelings)●, ●新しい地球●, ミコス | コメントする

カズハゴンドウとネパール大地震

4月のはじめに茨城県鉾田市上沢の海岸で「カズハゴンドウ」というイルカが150頭ほど打ち上げられたことが話題になりました。

また、ゲリー・ボーネルという預言者が2015年4月に日本に大地震が来ると予言してしまったことで、地震を心配されている方が多くおられます。

しかしながら、ピンポイントで東海大地震が などど言うのは 本来間違っており、災害というのは固定化する発言をすると、その発言者がカルマをしょい込みます。

今回はネパールで大きな地震がありました。地球全体が変化の時期ですのでこれもいつどこの国で発生してもおかしくない現象です。

日本の地震について心配な方へ 知っていただきたいのは 日本にはたくさんの活火山があり、たくさんのプレートの上に人々が住んでいるということです。それが日本国です。

つまり、日本にかぎっては もともと いつ何時地震があってもおかしくないわけです。

いつも 精一杯生き切るようにすることが もっとも大切です。

「カズハゴンドウ」は神聖なイルカ(小クジラ)です。彼らは 地震があっても なくても たまに大量座礁することがあります。

それだけ、彼らが生き辛い 地球の汚染(エネルギー・波動を含め)がたびたびあるということです。

タイトルに「カズハゴンドウとネパール大地震」と書きましたが、
実は地震のみとの直接的な関係はありません。

彼らは毒々しい思考のエネルギーにも敏感です。地球の汚れ、人々の意識の汚れ、超音波、宇宙波、電磁波、地軸のずれ にも敏感です。

カテゴリー: イルカ | コメントする

セトに2回殺されたオシリス 殺された豊穣神

日本神話では スサノオは 高天原にて大宜津比売神を殺害し
月読命は 保食神を殺害する

世界中の神話で このように 大地の豊穣神を殺害してしまう 神話が残っている。

古代エジプトの 豊穣神のオシリスは セトに2回殺される

古代エジプトをさらに 越える 超古代
 人々は 苦労して食物を得る ということはなく
自然に生えたものを 足りるを知る 分だけ 食べていた。

農耕というのは管理社会が始まってからのものである。
腰がまがってしまう農業従事者 指の骨の形や 肩の骨の形まで変わってしまう人々
遺跡の中から このような骨の変形がみられるのは

そして近所の農家のお母さんにも 
腰がまがってしまったお母さんを見かけるのは

苦難の時代が太古から始まり現代に続き 超古代と同一の豊かさの価値観に 
いまだ現在 戻っていないことを示している。

「足りるを知る」 を忘れ
「豊穣神を殺してしまう」 「大地の恵みに感謝しなくなった時代」というのは
地球史の中では 最近。 近代の話だ。

超古代には 雨乞いをせずとも 十分に雨はふり
太陽光がふりそそぎ
人が生きることが 現代人には想像できない位 のびのびとし
平和で苦がない時代があったのだ。

カテゴリー: 神々&神話など | 1件のコメント