チュツ」カテゴリーアーカイブ

古代の日本及びミクロネシアの長老的存在から教わった自然のエネルギーを体内に落としこむヒーリングです。

遠隔 思いのエネルギーワーク

この遠隔ワークは 対面されたことのない方も 申込み可能です。
○思いのエネルギーワーク お申込みの方が幸せになる方向性で AquaEarthにて愛のエネルギーを宇宙に打ち上げます。一人で何か行うのが心細い方など 遠方の方にご活用いただけると幸いです。

目に見えない「思い」にもエネルギーはあります。このことについて理解できない方は お申込みはご遠慮下さい。神社でご祈祷というのがありますが それと似たものと解釈下さい。
※注:メールでのカウンセリングではありませんので 細かい人生相談は対応できかねます。

料金:5000円(2017年 3月現在)

カテゴリを下記からお選び下さい
1. 平安平和 やすらぎ 安心(ゆっくり落ち着きたい 安心したい時に)
2. 悪縁からの脱出(受付可能なテーマ:お申込み者ご本人に、ご自身に直接からむ人間関係のみ。親からみたお子さんの交友関係を切りたい 旦那様の浮気相手を切りたい 息子が現在付き合っている彼女別れさせたい など そういった 自分以外の人の交友関係を 依頼人の主観で変化させたいといった問題はお受付できません。)
3. 浄化 (エネルギーを流してすっきりしたいことがある時に)
4.身近な人の幸せと運気上昇を願うこと。

手順:メールにて 1から4のうちお一つを選び お申込み下さい。簡単に何をどうしたい希望があるのかメール記載下さい(カウンセリングではないのでこまかいアドバイスはありません。愛のエネルギー打ち上げの参考にさせていただきます)

お振込みにて ワークの予約確定。
こちらでスケジュールをみまして、何月何日に愛のエネルギーを宇宙に打ち上げるか お知らせし、愛のエネルギーを宇宙に打ち上げを実行し完了となります。
※こちらで使うエネルギーの種類は「慈悲」というカテゴリのエネルギーです。
皆さんは皆さんの人生の主人公であり、皆さんの悩みをこちらから外す ということは 基本的には行えません。
皆さんがご自身の人生の問題点を直視する余裕を エネルギーワークで作っていくとお考え下さい。
他の言い方をすると 問題の客観視ができるように 心の覚醒をしていく為のワーク。

思いのワーク コンタクトフォーム

==約款==
※必ずしも効果を保証するものではありません。性質をご理解の上お申込みください。
入金後の返金キャンセルは不可です。

カテゴリー: チュツ | コメントする

麻炭(cosmichemp)について

真面目な側面から麻炭をご紹介させていただきます。
まだまだ心配な放射能問題。 その放射能を排出のキーの一つと思われる麻炭。

内部被曝を抑えるには よく洗って食べる 産地に気をつけ食品を食べるという方法がありますが
既に体内に入ったものを排出してしまうのも良い方法です。
炭を食べることで 有毒物質を吸着排出させることが可能と言われています。

チェルノブイリ原発事故では、原発のそばの汚染地域に住んでいた子供が毎日
炭を粉にしたものを食べていたことで原爆症の症状が出なかったとい事例もあるそうです。「炭を食べる」ことは古来から東洋で行われてきました。植物性の炭。木炭、竹炭などには 顕微鏡で拡大して見ると無数のミクロの穴があいています。
麻炭の 孔は 通常の備長炭などの およそ4倍の吸着をすると言われています。その穴がさまざまな毒素を吸着します。

炭はその排毒効果は抜群なうえ、人体に基本的に無害です。(現在腸疾患や内視鏡検査必要な方などは医師に確認の上)
炭の内部は多孔質構造といってミクロの空洞がたくさんあり細いパイプを何本も束ねたような綿密な構造です。なので なるほど フィルターに必ず使われていたりするわけです。

宮古島で麻再生プロジェクトで長く活躍されている伊香賀さんにご縁をいただき 毎日食べるのに リーズナブルな 麻炭が サロンに宮古島から届きました。

宮古島からの麻炭パッケージ (大 と 小)

日本バイオ炭普及会のHPに掲載されている会長さんの記事から紹介させていただきます。

home


*****************************
チェルノブイリで思い出したが、筑波の森林総合研究所にいたころ、ウクライナとロシアから二人の医学博士が訪ねてきた。なんの用かと思ったら、炭のことを教えてほしいという。

「日本で木炭の変わった使い方を研究していると聞いたので、やってきましたが、なかなか見つかりませんでした。諦めかけていたら、農水省かもしれないという人がいたので来ました」ということだった。

日本でも豚や牛などが下痢をすると、炭の粉を飲ませる習慣があったのを思い出した。
彼らは不思議なことをすると思って、真っ黒になった便の検査をしたところ、放射能が異常に高く、放射性核種も検出されたので驚いたそうである。
炭の粉がセシウムやストロンチウムなどの放射性核種を吸着したらしい。
そこで、もっとよい材料が日本にあるのではと思ってやってきたのだがという話だった。

 こちらはダイズの栽培やマツの再生に木炭を使っているので、ほとんどお役に立たないが」といったが、あまり熱心なので、しばらく話をすることにした。そのころ私は木炭のような無数の小さな孔をもった物体、いわゆる多孔質体が特殊な微生物をひきつけるという現象をみつけて喜んでいたので、その仕事をくわしく説明した。医学にはほとんど参考にならないと思ったが、下手な英語の説明を聞きながら、熱心にメモをとっていた。すでに彼らは孔の大きさの異なる炭がどんな物質を吸着するのか、よく調べており、炭の表面積と孔の微細構造によって吸着される物質がかわるという事実を知っていた。オングストローム単位の小さな化学物質から、ミクロン単位の細菌やカビの菌糸まで大きさの違うものを並べてみると、炭の孔のサイズにみごとに比例し、一本の直線にのるほどだという。役に立ったかどうかよくわからなかったが、とにかく喜んで帰っていった。

いまではよく知られていることだが、そのころ放射線医学研究所の人たちから聞いていたキノコと放射性セシウムとのつながりが、また炭に結びついたので、この話は私にとってひどく印象深かった。活性炭は放射線から体を防護するのにも使われているらしく、米軍のベストやマスクにも入っているという。中性子も吸着するらしく、東海村の事故のときも活性炭入りのマスクが使われたとか。いずれ自然界に放出された放射性物質を取り除くのに、キノコや炭が使われる時代がくるかもしれない。

彼らの話によると、チェルノブイリ事故の後、周辺住民の治療にあたってきたが、食物や水を通して取り込まれた放射性核種を取り除く方法がなくて困っていたという。とくに子どもたちの甲状腺にたまった放射性核種をヨードの溶液を飲ませて除こうとしたが、子どもが嫌がって吐くので、うまくいかなかった。そのうち老人たちが消し炭をすりつぶした黒い粉をみんなに飲ませだした。

ここまで
*****************************
ロシアでも日本と同じように昔から民間療法で、
毒物を食べてしまったり 毒素にあたって腹をこわしたりしたときは炭の粉を飲む習慣があったそうです。

自然療法においては米国で最も信頼ある医療機関である「ユーチパインズ」の医師も炭と放射能について、興味深い体験と共にアカデミックに紹介しています。(毒素の排泄、体内からの消滅について)

麻炭は 多孔質で 備長炭の4倍の質です。つまりいままでの炭よりさらに効率よく吸着します。

グラムだけ見ると 少量ですが お惣菜の100gとは違います!
お惣菜パックの100gの10倍くらいの嵩(かさ)があります。 麻墨はものすごく軽いので 大は かなり量があります。
毎日小さじ一パイ程度なら 3ヶ月~4ヶ月は余裕で持つと思います。

ちなみに 放射能セシウムの話とは別になりますが お風呂に麻炭を入れておくと夜入ったお風呂に朝、再度加熱しなくても 入れるくらいに びっくり あたたかいです。沸かしなおしの節約にもなりますね。

伊香賀さんは国産の麻炭を作りたいのですが 毎日の使用には高額になってしまうので
(麻の栽培がままならない現状により)
中国の在来種の麻で 大変リーズナブルな 麻炭を作ってくださっています。

伊香賀さん宮古島で麻再生プロジェクトを着々と地道に進めておられます。

伊香賀さんに協力させていただきたい という気持ちから 動き始めました。開発のご苦労を考えると うそのようにリーズナブルな麻炭にしてくださった伊香賀さんは「宮古島で麻再生プロジェクト」に夢をたくし 「日本のみなさんが放射能汚染の状況から
現状をみんなに乗り切ってほしい」という強い思いのすばらしい方です。

そして私がお会いしたときは上半身の骨にヒビが入った状態なのに明るく笑っておられ超人でした。そして強い目の光 信念のある方は目の光が違います。
 
その彼の思いに感動し協力させていただくことになりました。
この麻炭は EM-S酵素活性麻炭パウダーです。

麻炭は 私達の健康に役立ち、「宮古島で麻再生プロジェクト」にも貢献できます。

ご希望の方は ご連絡下されば 上記の金額でお分け致します。
(郵送希望の方は別途送料かかります。定形外郵便などでお安くお送りできると思います。)
郵送での購入ご希望の方は コンタクトフォームよりお問い合わせ下さい。
Yukaに会う予定のある方は ひとこと声をかけていただければ 持参できます。

被災地の方にも 機会があれば ご説明させていただき、
まだご存知ない方には 飲用していただければいいなと思っています。

麻炭のお風呂(真っ黒でわかりにくいかもしれません)

本 チャコール 医師の説明

カテゴリー: チュツ | 1件のコメント