高次元恋愛講座」カテゴリーアーカイブ

男女の愛に関連することパートナーシップについて(結婚・恋愛・離婚など)

保護中: 女子力をUpし 人生に幸運を招く♪

みなさん今晩は 高次元恋愛講座♪のプレ講座記事です。

☆☆☆女子力をUpし 人生に幸運を招く☆☆☆

せっかく女性として生まれたのですから、男性にしっかり愛されて人生を過ごしたいですね。

では、しっかり男性から愛されるには どうしたらよいのでしょう?ここで、お題にある「女子力up」のお話につながります。


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

パートナーと幸せになる

良いパートナーを見つけて幸せになるコツ。

よく クリスマス時期が近くなると、クリスマスに合わせて間に合うように彼氏をつくる(彼女をつくる)人がいますが、AquaEathでは そういうことは あまりお勧めしません。

良いパートナーシップというのは、「互いを尊重する」ことが、最も重要なのです。

単にあなたの寂しさを埋める為のものではありません。

寂しさを埋めるだけなら、それは「自己愛」の延長であり、本当に相手を尊重する、互いを高め合うリレーションシップではないわけです。

ご縁あってこの記事をお読み下さっている皆さんには、本当の意味で幸せになってほしいとねっがっています。

「人として互いをいたわる」という人間の基本が 男女間で最も重要であるということに気付いていただければと思います。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

パートナーの選び方 5つのポイント

こんにちは!皆さんが幸せになる為に、どのようにパートナーを選べばよいか、その5つのポイントをご紹介します。下に紹介した5つのポイントに当てはまる人を選びましょう。

① ありのままの自分を愛してくれる。取り繕った姿ではなく、ありのままのあなたをさらけ出しても、愛してくれる人

② あなたのやりたいことを「応援」してくれる人

③あなたが達成したいことを「否定」しない人 

④お互いが向上することを喜びとしてくれる人

⑤価値観が合う人、価値観が近い人

******

解説

①のありのままの自分を愛してくれること。これはとても大切です。例えばあなたに小さなお子さんがおり、子供がいる話をしないときは親切だったけれど、子持ちと話した途端に、距離を置かれたりする場合は、ありのままのあなたを愛してくれる人ではないわけです。そういった人は選ばないようにしましょう。

②あなたが例えば、何かの職業を目指して、資格を取ろうとしていたり、目標があるときにそのあなたの目標を否定してまで、自分の世界に引き込もうとするような人は選ばないようにしましょう。あくまでも 応援してくれる人を選びましょう。

③あなたがやろうとしていることを「そんなのムリだろ」などど、否定したりしない人を選びましょう。あなたのやる気とモチベーションを上げてくれる人を選びましょう。

④お互いが一緒にいることで「互いに磨きがかかる」「互いの魂が輝く」そんなパートナーを選びましょう。一方だけがいい気分で 片一方は我慢している というアンバランスにならない 男女関係が一番です。

⑤考え方が極端に合わない人は選ばない、これは 例えばあなたが 山や森が好きなのに、お相手はパチンコが趣味でヘビースモーカーなど。またあなたはベジタリアンなのに、お相手はもりもり牛丼を食べる人など。こういうケースはすでに最初から互いの気持ちがすれちがっています。ただ寂しいからとかだれかと一緒にいたいから、、経済の安定が欲しいからなどそういったレベルでパートナーを選ばないように気を付けましょう。休日を互いに尊重して過ごせないような、違いのある男女は、本当の意味での信頼関係を構築しにくいものです。

☆今後月1回のメルマガで「本当に幸せになる!」恋愛講座 の通信講座を行っていく予定です。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

人生の中で許せないこと

ヒーリングを提供する立場として 

人々の心の中の「どうしても許せないこと」というテーマを扱うことも多くあります。

よく「許した分だけ良くなる」と本なんかには書かれていますが

「そんな簡単に許せるかよ!!」というような体験が 今の地球には至るところに転がっていますね。

無理していい人にならなくて大丈夫です。「人生の中でどうしても許せないこと」というのはあって普通です。

許さなくていいです。よ☆

それが 対人関係としての出来事の記憶か、もっと大きなことか いろいろあると思いますけれども

人や生き物の場合は、その あなたに許せない体験をくれた人を 許すのではなく

地球上に生きていること 生きものとして 生きて存在することだけは認めてあげられると良いかと思います。

生きることさえも認めることが出来なければ 許せないことの復讐で 殺す。などの泥沼劇になっていくので

最低限それだけは心から、出来たほうが あなた自身がこれからの人生を生きていきやすいと言えるでしょう。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

コントロールのない関係

男女関係において、彼氏と彼女 または夫婦間で 一般的には男女のどちらか一方が主導権を握る関係が多いのが 現代社会の通常であるかと思います。

高次元という観点からみると、 男女間の本当の愛の流れとしては、助け合いは合っても、どちらかが主導権を握り、コントロールをする。ということは起こり得ません。

支配と愛は 真逆のことだからです。

支配というのは愛ではなく、愛が逃げていくことへの恐れから発生します。

互いに心底から尊重することで、 コントロール のない関係を男女間に築くことは可能です。自分の思うような相手であって欲しい。とは 誰もが思うことですが、

自分の思うような相手でいてほしいという欲も 支配欲を含むものなので、心のむきに注意が必要です。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

幸せな恋愛や結婚の花を咲かせるには

男女の関係は 互いに培うものです。

好きな方とお付き合いを始めた~ 好きな方と結婚をした~

やった!ゲットした!とそこで終りにしてはいけません。

そこからが スタートです。

ご自身の人生の中に 結婚や恋愛で 異性と一緒にいることのHappyの花を咲かせ続けるには

ご自身の人生に 幸せの花を咲かせるには

「自分自身の幸せ」ではなく「相手の方にとって 何が幸せか」を「常に見つけることを楽しみとする」ことです。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

どちらが良い男性か?

先日 メールでクライアント様より
Q. AさんとBさん(どちらも男性)どちらが私にとって良い男性でしょう?
とのご相談を頂きました。

私がサイキック能力を使うリーディングをいつも行っている為
記載されている情報は お名前のみ です。

(この内容はご本人の許可を得、掲載しています)

回答
A. リーディングの結果からすると、AさんもBさんも そんなに貴女に適した人ではありませんね。
以前から 良い相手を見つけたいとお考えのクライアントさんですが、まだ あまり良い男女のご縁をいただけていません。

良い出会いを手に入れるには 視点の切り替えも必要です。
「貴女にとって付き合った時に愛してもらえるか」「メリットはあるか」 という視点から相性を見る、相手を探すのではなく

「貴女がどのくらい相手を思いやれるか、愛せるか」に基準を切り替えてみるのも 愛を発見できる1つの方法です。自分のしてほしいことをしてもらうのではなく、相手にして差し上げられることは何かを考えることは大切です。

他、貴女が過去生にもし良い男女関係を得るために消化、解消しなければならないテーマをお持ちの場合、
その清算が済んでからでないと良い相手が中々出てこないことも多くあります。

過去生から引きずる、解消しなければならないテーマがあるかどうか?もしあったとしたらどんな内容なのかに関しては
電話の遠隔リーディングにてご説明を致します。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

高次元恋愛 愛の言葉

高次元恋愛講座 愛の言葉

現代の社会は 物欲にまみれていますが

男性も女性も 一番欲しているのは「魂に届く言葉」です。

「魂に届く愛の言葉」を 本気で互いに 贈り合えれば

物質のギフトはほんのおまけのような存在にすぎなくなります。

このことは 単に「I Love You」という言葉の贈り合いということではありません。

相手の魂が欲する言葉を察し、届けてさしあげる配慮が必要です。

ほとんどの男女の結婚の決め手は「魂に届く愛の言葉」を本心から相手に魂へのギフトとして、贈りとどけたかどうかです。

 

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

男女の幸せを織りなす方法☆

パートナーを求めておられる方 独身の方からみると
周りの 幸せそうに見える方 自分以外の 他の人々が 結婚されていて、ご夫婦仲良く最高に幸せそうに見える。いいなぁ と思うことがあるかもしれません。

でも Happyに見えたとしても、そのご夫婦のすべての人生が皆さんからが見えているわけではありません。

人はそれぞれの心と行動の努めで「幸せを創造し織りなしていく」ものです。

うらやましがることを止めてみること。これは皆さんの幸せに直結します。
羨ましいは=恨疾しい です。多情多恨は 幸せを欲しがる波動です。
「自ら愛を創造していく」波動ではないのです。

確固たる約束された幸せというのは外から見るとあるように見えるかもしれませんが、素晴らしいご夫婦にみえるカップルであったとしても、固定化された永久不滅の幸せを手にしているのではなく、自分たちで努力して「共同創造」で男女の平和な愛を創り上げています。愛を持続するには、努力が必要だということを「互いに自覚した上で」。です。

「愛」を続ける気持ちがあれば、苦しくて息も絶え絶えの時でも努力し続けることは可能です。

ただ好きなの☆ではどうにもなりません。互いにお互いの状況を配慮し、気配りし続ける努力が必要なのです。ずーっとです。ん?しんどい?ずっと? そうずっとです。

男女の愛は、最初から安泰なのではありません。ぐらぐらしないように「一緒に柱を立て続ける」作業が必要です。柱を立てたら、倒れないか、朽ちていないか、常にチェックして、修復しつづける努力が必要です。

人間の行うことですから、道のりの途中で、互いに失敗することがあります。その失敗を互いに「許し」「失敗を受け入れ」もう一回柱建てよっか☆ と明るく言える、言い続ける心の強さが必要です。

****愛の力を起動し、持続し続けること****

人が幸せになるには そして幸せなカップルになるには 人間の魂が本来もつ「幸せを創り出す力」を正しくとりもどし、とにかく途中で絶望せずに互いに愛を送り続ける作業が必須になります。

努力しましょう。

本当の心の中の、本来お持ちの「幸せを創り出す力」を取り戻す努力をしていかれたならば

自分自身で「自分の幸せを見出す力」という一生使える宝(本来そなわっている)を
手に入れる(取り戻す)ことになります。

良い状況や良い条件を欲しがる前に 皆さんが先に 男性に そして女性に 自ら先に 「思いやりや配慮ができる人」 「愛を与えられる人」になってみることが肝要です。

愛は残念ながらお金では買えません。サービスを買うのとは違うのです。

本当の愛の創造力をとり戻すには 「自分から先に愛を流せる柔らかな心の動き」を自分の中に作っていくことです。

それがわかってくると  男女が恋に落ち、惹かれ合い、いたわりあいが満ちることにより、男女が一つ屋根の下暮らし始めるのがという、自然な流れ、自然な姿を受け入れることができるようになってきます。

洋楽で、Nothing’s Gonna Stop Us Nowという曲があります。西洋は日本より表現がベタなので、非常に男女の愛の共同創造について、参考になる良い表現が多くあります。

例えば、Nothing’s Gonna Stop Us Nowという曲の一部を下記にご紹介します。

Baby, we can make it if we’re heart-to-heart

私たちが心を互いに一つに合わせるのであれば、

And we can build this dream together Standing strong forever

私たちはそれ(愛の信頼や強い絆、確固たる愛)を創ることができます。永遠に強く続く愛

Nothing’s gonna stop us now

私たちの「永遠に続く愛の楽園」を私たちを阻むものは何もありません!

******

↑この曲、「this dream」と表現しているあたりが、「永遠に続く愛の楽園」を創る難しさを醸し出していて、非常に良い曲だと個人的に思っています。

本当の愛し方を貴方が取り戻せば、心の中の満たされない感情の為に、他の相手に浮気をし、気持ちを紛らわすといった行いのずれも発生しにくくなります。

全ては心の問題です。

人生の立場や社会的信用の為、経済安定の為のチョイスとしての結婚として男性(女性)を選ぶ、もしくは結婚という形にあこがれて結婚するということではなく 愛情を織りなしたい相手と互いに愛を送りあい許しあい、苦楽を共にしながら、人生を過ごすということが 本来の男女の自然な流れです。

純粋に素朴に、愛情を織りなしたい相手と互いに愛を送りあい許しあうことにより、人生の喜びも倍増し、たとえ苦しいことがあれども、二人で持続する努力をしたからこそ味わえる喜びも体験することができます。

形から先に入る傾向のある現代社会の歪みを抜け、魂と愛の成長の為に男女が共に愛をかけあうことにより、美しく輝く素晴らしい魂がふたみたまとして存在できるようになります。

※この記事は、今後スタート予定の高次元恋愛講座(メルマガ)のサンプル記事です。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする

35歳で不妊治療?

皆さんこんにちは

元々、体の機能が弱い方は別としてのお話です。元々体の機能が弱い方は結婚当初から、不妊治療を開始される方も多いと思います。(私の親戚でもおりました)
しかし、最近は、一般の普通の方が、35歳位の年齢でも、大変高額な不妊治療の治療を開始されたりすることがあるといいます。
それだけ、豊になったともいえるのかもしれません。

**
私の曾祖母は50を過ぎても子供を産んでいます。昔の人は45歳以上でも普通に子供を産んでいました。それが、文明が進んで便利になったら、人は老いが早くなったのでしょうか?
印象としては、夫婦が真剣に愛し合っている時間というのが、大正時代に比べ、今は極端に少ないと思います。環境汚染も進んでいますね。

本当は修正が必要なのは、現代人の生き方や環境のほうなのかもしれません。

カテゴリー: 高次元恋愛講座 | コメントする