愛の源泉との繋がり」カテゴリーアーカイブ

~愛の源泉~ それは私たちの生まれ故郷。私たちの美しい光の本質!

愛の源泉

愛の源泉の繋がりの回復 という講座を行っています。
(詳しくは下記)
http://www.aquaearth.com/2014/03/galaxy-universe/

その時に 集まるメンバーによって違いますが 本質の光を取り戻すという時に
クラスが始まる時に 色々なエネルギーが動き出し (過去のエネルギーパターンの膿を出す為)
感情的にも 色々な症状が出る場合があります。

光の回復 というのは 天使がやさしく飛び交う 幻想的な天国の世界ではなく
過去のエネルギーパターンを出して変容すればするほど光が増します。膿が大きければ大きいほど
場合によっては しんどい作業となる場合が ありますが ある意味 しんどくてなんぼ ですし
膿(過去の不必要なエネルギーパターン)がないふりをするよりは 膿(過去のエネルギーパターン)を思う存分出してしまった方が
結果的には 光への変容が加速します。

しかし、皆さん 覚悟を決めて 受けに来られる方がほとんどなので
しっかりと 目を開き グラウディングをしながら 宇宙のエネルギー 私達の本質を体感され 
フリーエネルギーのエンジンがかかる状態に 美しく変化していかれます。

カテゴリー: 愛の源泉との繋がり | 2件のコメント

目の前で展開する問題や風景を他人事としないこと

目の前で展開する問題や風景を他人事としないこと

このことはとても重要なことです。

しかし、このことを真に理解するには 
「自分のエネルギーフィールド」をしっかりと保ち、「自分にうそをつかない自分」
になることが まず 初期のステップとして 必要です。

なぜなら 「自分の感情にうそ」をついて 世界を構成すると 「自分のエネルギーフィールド」の
グラウディングエネルギーは弱まり うそを抱えたまま 世界(環境・人間関係)を構成してしまうので感情的に 苦しいこと いやなことが いっぱい増えてしまうのです。そうすると 自分自身の光が出にくくなり 体に不調をきたしたりすることも多いかもしれません。

「自分を良く見せたい」「自分にはこのような感情があってはならない(いい人でありたい・やきもちの感情など私にはない・嫉妬・能力比較など)」などと自分の中にある感情を 「無いもの」として  自分の感情を押し殺していると 「目の前で展開する問題や風景に責任をとる」どころか毎日の生活でいっぱいいっぱいになってしまい、環境・人間関係から 自分の内面を鏡として学ぶ というところまで行き着けません。
そして自分で自分をごまかしているが為に 本来私たちが持っている宇宙の永続的なエネルギーが出てきにくくなり、体が疲れてしまったり、肩がこったり、調子が悪い という状況を抱えるかもしれません。

ですから まず 手始めに 「地の自分になってみる」 ということ。いったんイヤなやつになっても かまわないじゃないですか。「地の自分になってみても人にやさしくしたり素敵な自分になることは可能です。」  ネガティブなエネルギーは出してしまって あらたに自分を組み換えていけばいいのです。
新たな構築!「自分で自分をごまかしていること」に気付くこと。それが魂の前進への鍵です。
あまり 良い人ぶらずに 自分の中の感情を正直にまずは認めて 本当の自分を認めることから癒しをはじめましょう。良い夫婦やよい妻や 良い子を演じない。 
もちろん、素直にできていることはもちろん素敵な自分としてそのまま表現してもよいですけれど、自分を押し殺して演技している部分を まず 外していきましょう。

自分を押し殺して演技している部分の解体のヒントは
インナーチャイルドの樹 をご覧下さい。
http://www.aquaearth.com/category/healing/tree-of-inner-child/

このようなステップが徐々に完了してから

銀河系宇宙の愛の源泉との繋がり回復の講座の内容が理解できるようになってきます。
http://www.aquaearth.com/2012/05/galaxy-universe/

目の前で展開する問題や風景、環境を 他人事とせず、
自分の内面を映し出す風景 つまり自己に責任があることをある程度理解していることが
この講座を受けるには必要です。
自分の内面を浄化する気持ちが必要です。

カテゴリー: 愛の源泉との繋がり | コメントする

愛の源泉より 無条件の愛について

無条件の愛 とは

結果を期待したり 結果を他者から変容させようとしない 「愛」のことです。

この銀河系領域内で  愛の源泉の無条件の愛 というのは 最高位の「愛」の形であり唯一他者のカルマや自由意志に「介入」しない カテゴリの愛であるということです。

自分自身を「無」に保ち 「中庸」に保ち、 愛の源泉と繋がり 「無条件の愛」を送ることができることは
この地球上で地球人として自覚をして 生きていくのに「必須」の項目の一つといえると思います。

この、自分を中庸に保つ というのは 簡単なことではないかもしれません。
しかし、訓練すれば できるようになります。

「他者のカルマや自由意志に介入しない愛」を理解することは大切です。
 「中庸」な しかし「深い愛」というものを理解することは とても重要なことです。
無条件の愛 とは 本人の自由意志やカルマや結果に介入させない愛 本人の魂にエールを送る愛なのです。

この地球で肉体をもってアセンションするとは上古代の人々が体現していた多次元感覚、愛のバイブレーションで平和と調和を軸に「限界感なく生きる」ということです。

わたしは皆さんが 0ポイント感覚をえて
愛の源泉(無限のエネルギー)と繋がり 「無条件の愛」を送ることを
練習し 体得していくことを応援しています。

無条件の愛の体得が難しい場合 「マスター 観音」と連携をとるのも方法です。
観音 は深い智慧に至る修業をし、この世界をなす五つの要素に実体はないと知り、
苦を離れ、心の迷いや ゆれを超越し 悟りを得られています。
心の迷いや ゆれを超越した上で ゆるぎない所から 送る愛 が 無条件の見返りの無い 愛です。

毎日努め、積み重ねれば 出来るようになります!

カテゴリー: 太陽系 12光線 第7光線, 愛の源泉との繋がり | 1件のコメント