徒然なるままに」カテゴリーアーカイブ

Iramkarapte  ~あなたの心に触れてもいいですか~
思い(ra-mu)徒然なるままに・ポエム・つぶやき

ビジネスでは

AquaEarthでは 講座セッションなどに お代金の設定をしていますが、ビジネスとして行っているわけではなく、現在の次元では自発的に、エネルギーに変換できるお礼を 心からできる方がまだ少ない為、こちらで一定額を決めさせていただいております。

TreeTalk他セッション、講義も 基本的にこちらからは 参加をお誘いするというよりは自発性を尊重する為、ご自身でスケジュールを知りたいと自発的に連絡下さい。
AquaEarthでの学びにご興味がおありの方は、すべて、自主性、自発性が基本となります。

AquaEarthの学びは全てにおいて「お金を払えば学べる」「お金を払えば参加できる」というものはなく、高次元の学びは基本口伝の為、講義に参加された方は ノートを必死でお取りください。

たまにプリントを配ることがありますが、その年によってことなります故に 昨年講義に出た方がプリントをもらっていても、次の年にプリントをあえて与えないこともあります。その年度の参加者のエネルギーによって決めごとが変わります。他の年度に講義に出た方のプリントなど欲しがらないでください。プリントを欲しがる暇があれば、自分のノートを復習してください。

自分の居場所から出る気持ちがないまま、学びを続けることはお勧めできません。
低次元の腐敗的豊かさを享受しながら、高次元に移ることはできません。そんな厳しいことは私には無理そうだという方は、どうぞ今皆さんのいる次元にそのまま滞在していてください。

基礎を大切にしない方、生半可な方には教えは伝授できません。一見従順なようでも、ぞんざいな方、エゴが抜けきれない方にも同様です。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

辻井伸行さんの演奏

私は辻井伸行さんのピアノ演奏のファンです。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

ソドムとゴモラ

今の日本の関東圏、特に東京は ソドムとゴモラ

と同レベルの退廃ぶりです。

びっくりするようなハイレベルの自己中がデフォルトになっています。

ソドムとゴモラに関する文献を参考に紹介します。

***

エゼキエル書[3]16章[4]49-50節において、次のように書かれる。「お前の妹ソドムの罪はこれである。彼女とその娘たちは高慢で、食物に飽き安閑と暮らしていながら、貧しい者、乏しい者を助けようとしなかった。 彼女たちは傲慢にも、わたしの目の前で忌まわしいことを行った。そのために、わたしが彼女たちを滅ぼしたのは、お前の見たとおりである

****

飽食に感謝をせず、状況に不平を言い、他のものの幸せを考えず、自分の欲しいものだけを欲しがり、夫婦ふたみたまもどこへやら、満たされない気持ちを浮気で紛らわす。。。。全ての方がそうだとは言いませんが、これは23区の一般人のデフォルトになって長い状況です。 そして自分の美容の為の治療にお金をはたけても、貧しいものには500円の寄付さえも惜しみ、虐待された肉を食べる自分の浮気は子供たちにひた隠しにする親。。隠しても行いの乱れは波動で伝わるのですよ。。。この状況に同情の余地さえもないのですが、下記を忠告しておきます。

****

その退廃した心と行い都市機構を維持したまま、平和に暮らす、もしくは子孫に平和を残し繋ぐということは非常に難しい状況ですから、自然災害等の前向きにとらえ、都市を良い方向に再構成することを、居住される皆さんは願いながら、行いを正して生活されますように。

 

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

カルマについて

カルマについて

カルマというものが、あるか無いかというお話が出たとしたらAquaEarthでは「ある」と答えます。

皆さんの人生につらい状況が起こった時、その渦中にある時には、辛すぎて自分のカルマを直視できないかもしれません。明らかに直視できない場合は、ヒーリングでご相談をいただいた時に、見えたものがあってもお伝えしないことも多くあります。

辛い渦中を乗り越えひと段落(4年、5年とかかることもあります)した時に その時点でその方の魂がカルマを見れる状態にまで成長していれば、浄化をスムーズに進める為にどのようなカルマであるかをお伝えすることもあります。

例えば離婚などの問題にしても 何の因果もなく起こることはなく、男女の浮気の問題なども、同様に何かしらの要因があります。

なぜ私はこんなに辛いの?という人生には、あなたの側にも体験を受け取る「原因」はあります。

本当の意味で、体験を消化し、明るく強い自分になっていく為には、自分の現在の人生だけでなく、過去の人生、過去生なども「直視」することは大変重要になります。

ヒーリング、カウンセリングについて

 

 

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

ルクソールのこと

以前から生徒さんに少しお話しているルクソール行きですが、2019年の旅は無くなりましたが、
2020年か2021年に もしかしたら数人お連れして 魂の旅ができるかもしれません。

非常に皆さんの学ぶ姿勢、努力にかかっています。

桃源郷は足元からです・

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

テレポーテーション

7年ほど前に、ヒーリング仲間と未来リーディングの練習会に出たことがあります。

その時、私の未来リーディングで既に別の星の時空間に移動しているビジョンが見え、未来ビジョンをシェアしましたが
他の参加者の方はそのことを受け入れられない様子でした。スピリチャルな探求をしているのにもかかわらず。

現状、時空間移動というのはすでに研究実行テストなども秘密裡にされて長い分野で、何らおかしいことはないのですが
現状「ホログラムで見せられている」「小さな次元」を「世界」だと信じ込んでいる方々からすると「夢物語」なのかもしれません。

****今後の展開****

テレパシーコミュニケーションについても既に一部の生徒さんにはお伝え始めていますが
私が先生として、生徒さんとの連絡手段として「携帯電話」を使うのもあと数年かなとも感じます。
低次元からあてがわれた、高次元からみるとそんなに便利なものでもなく、逆に皆さんの感性を阻むツールは
今後、最終的に使わなくなる可能性は大です。

テレパシーでご連絡とれるか方のみ集合。及び集合していただいて講座など。十分にありえます。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

Aham Brahmasmi Mantra

清めるマントラです。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

桃源郷は心を正すことから

人は 幸せ探しから、桃源郷を求めて 大なり小なり 旅をする(何かを探す)ものだと思います。

人の生きやすい、生きにくいには、環境要因もあるでしょう。

人間も生き物ですから、電磁波や排気ガスだらけ、争いごとや事件が多い所よりは、事件が少なく美味しいお水が飲め、空気が良いところの方が、平和的で住みやすいと、私からするとそう思います。

しかし、根っから、都心生活になれている(都心生活を愛している)方は、
空気が悪くとも、遅い時間まで、バスの本数がある、電車がある、街灯があるなどが、心地よい環境なのかもしれません。

価値観は人それぞれですね。

****桃源郷を見つけるためのヒント****
もし、今の環境で生きることに生きづらさを感じておられる方は、他の生命、他の生き物もあなたの居住環境(あなたの住む町や村、都市)で生きづらさを感じ、行き詰まりを感じているのではなかと、他の生き物との共生へ 愛と配慮をしてみましょう。
他の言い方をすると、「私以外の生命、生き物は私の住む町で無事に生きてるのだろうか」と考える習慣をつけることから 始めていただくと 生きやすい環境を手に入れることに近づくかもしれません。私以外の生き物とは 例えば、トンボや蝶々、燕、カエル、畜産動物、植物、木々、野菜や微生物も含め、全ての生き物のことです。

私たち人間は、もともと微細な微生物、腸内細菌まで全ての環境と共存し他の生命とバランスを取ることで、元気でいられる生命の質を持ちます。

人間だけが活き良いように、と作られた空間や都市、環境では、どうしても行き詰まりが出てくることが否めないと思います。生きることへの理不尽さを感じる時、あなたの住む環境で、あなたの住む町や都市で、他の生命に理不尽な境遇を強いていないか、確認してみましょう。ともに地球に生きる生命(仲間)に理不尽さを強いている環境で、もしあなたが、人間本位のメリットを既に享受してしまっているのであれば、そのことに反省点がないか、自分に共に生きる生命への思いやりの観点から、改善できることはないのか考えてみることです。
しかしながら、自分がいったいどういう環境に住まわっているかを ご自身で自覚が出来ませんと、何をどう直したらよいかさえ、解らないまま、一生が終わってしまうことさえありえます。

また、地球全体の生命の幸せを考える、感じることよりも、あなたの心の向きが、小さなことに とらわれていたり、地球全体を見渡しながら、自分に与えられている命に感謝することが出来ないと、いくら自然環境が良い所に住んでも、あなたの心は「私って不幸だな。。。生きるってしんどい」とつぶやくことでしょう。

***桃源郷****
桃源郷は、自分の足元を見直すことから。自分の心の向きを正すこと、小さなことに逐一感謝することから始めると、自然にみなさんの魂の中から、心の中から、落ち着きと至福の感覚がら湧き上がってきます。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

沈む文明2

以前に沈む文明 という記事をご紹介致しました。

沈む文明

現在の状況は、予期された通りにすこしづつ、沈む余波が明らかに出ていますね。

ある程度変化がないと次に行けないという点で、これは必然です。

なるべく状況から目をそらさずに 
気を緩めずに、「どのように私は愛であるべきか」を忘れないように過ごして頂ければと思います。

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする

小麦参考

カテゴリー: 徒然なるままに | コメントする